看護師のキャリアアップ

一日を充実させるのは、向上心の維持、モチベーションを維持させることだと思います。
今、何か勉強したいと考えている方は、どうぞ、しっかりとその対象をみつけましょう。
参考サイトはこちら<<人生が変わる魔法の言葉>>

看護師としてできることは、日本の法律的に限界があり、看護師は自ら主体として判断をし患者の治療や病名を判断することを許されていない。それでも、20代前半で看護師の資格をとり、生涯にわたってこの仕事を続けていくには、人によって物足りなさを感じる方も多いと思う。人間は基本的に向上心を持っていて、人によっては50を過ぎても新たな知識や技術の習得を望む方もいる。

医療業界での国家資格は、大学や専門校での学習を主体とし、働きながら知識や技術を向上させる為のシステムがない。その為、看護師が新たに医師免許を取得しようとしても、再び大学に通い高額な授業料を納めなければ、医師の資格試験には望めない。現在の医療業界には、既に生活が安定して努力を怠る医師よりも、優秀な看護師や理学療法士と言った人材が活躍している。また看護師や医師の実習においても、学生時代に実習として短期間で学ばせることには自ずと限界があり、難しい手術を執刀するには、医師免許をとった後も、助手として長く経験を積む必要がある。本当の安全性を求める場合、本来は実習ではなく、少しずつ体験を重ねて技術を習得していく、この様な実戦形式が必要であり、経験を積んだ看護師が大学に通わずとも医師免許の受験資格が得られることが、本当のキャリアアップではないだろうか。

真剣に、看護師の役割と目的を考えると、まだまだ勉強が必要と考えました。専門分野での資格を得る・認定看護師を目指すなど、答えが見つかるかもしれません。また、認定看護師をお持ちの方は、特定看護師を目指す道が開けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です